おすすめのプログラミング独学方法【慣れる、反復、聞く】

501, 2022-06-23

目次

おすすめのプログラミング独学方法

プログラミングが流行ってる昨今です。
プログラミングを独学したい人は増えています。

そこで問題になるのがプログラミングの独学方法です。
プログラミングの独学は一体どうするのがいいのか?

結論としては↓になります。

  • 習うより慣れる

  • 反復と継続

  • 他人に聞く

プログラミングは習うより慣れてしまうものです。
そして毎日のようにコードを書いて反復し継続するのが大事です。
困ったら他人に聞くのも大事なスキルです。

これらメソッドはプロのプログラマーやエンジニアが日常的に行っているものです。
だからこれらのメソッドには普遍性があります。

結論としては「習うより慣れる」「反復と継続」「他人に聞く」が大事です。
これらについてこの記事では具体的に解説します。

プログラミングを独学したい

プログラミングを独学したいのはなぜでしょうか?
これは人それぞれ理由があります。
代表的なものはプログラマーやエンジニアになりたい、アプリを作って一発当てたいなどです。
それからプログラミングを学んで他の人に差を付けたい、というのも立派な理由です。

  • プログラマー/エンジニアになりたい

  • アプリを作って一発当てたい

  • 他の人に差を付けたい

プログラミングの独学者はこういった理由をそれぞれ抱えています。
それはプログラミングの独学の動機です。

プログラミングを独学したい。
それは今の時代に生きる人たちにとって普通のことです。

普通というか勉強意欲があることはとても立派なことだと思います。
プログラミングの独学は始めるのに遅いも早いもありません。
いつだってプログラミングの独学を始めたときが一番フレッシュなわけです。

  • プログラミングの独学を始めた時が一番新鮮

プログラマー/エンジニアになりたい

プログラミングを学ぶ動機の1つがプログラマー/エンジニアになりたい、というものです。
企業で働くプログラマーになりたい。
フリーランスのエンジニアになりたい、など。
働き方はいろいろですがなぜプログラマー/エンジニアになりたいのでしょうか?

これの理由もいろいろありますよね。
自分のプログラミングのスキルを社会に役立てたい。
あるいはエンジニアになって良い給料をもらいたい。
テレワークで気楽に働きたい。
など色々な理由が考えられます。

アプリを作って一発当てたい

もう1つプログラミングの独学の動機がアプリを作って一発当てたい、というものです。
プログラミングのスキルを身につけてアプリを開発。
そしてアプリをリリースしてヒットさせる。
そして広告収入や事業譲渡などでがっぽり稼ぐ。

  • 広告収入

  • 事業譲渡

プログラミングでアプリを作ることは資産を作ることと同義です。
プログラミングは無から資産を作れるスキルなんですね。
お金を稼いでくれる資産を作れれば自分が働かなくてもお金を稼げるようになります。
そうしたら生活も楽になりますし人生も充実します。

プログラミングはそういった可能性を秘めているスキルということになります。

他の人に差を付けたい

プログラミングを覚えて他の人に差を付けたい、と思うのも立派な動機です。
プログラミングのスキルを付ければスキルを持ってない人より優位になれる。
優位になれれば自分に余裕を持てる。
余裕を持てれば人生も豊かになる。

プログラミングのスキルを身につけて他の人に差を付けたいのは自然な考えです。
この競争社会では他人より秀でることに付加価値がつきます。
他人より優秀になれれば会社や学校での自分の評価も上がりますよね。

評価が上がればいろいろ良い思いもできます。
周りからやさしくされたり異性からモテたりするようにもなります。
そうなったら人生楽しいですよね。

プログラミングの独学方法がわからない

しかしいざプログラミングを独学しようと思ってもその独学方法がわからない……。
そういう人は非常に多いと思います。
筆者もプログラミングの独学をしようと思ったときは右も左もわからなかった記憶があります。

独学はしたいのに肝心の独学方法がわからない。

なぜそうなるのでしょうか?
というのもプログラミングの独学方法というのは未知的なものだからです。
今は学校もプログラミングを必修化していますが、自分1人の力でプログラミングを独学するとなると話が違います。

独学では先生も教授もいません。
親だってプログラミングを知らないかもしれません。
そうなると自分で調べてやるしかないわけですね。

でもいざ調べてみてもプログラミングの独学方法はなかなかわかりづらいところがあります。
一体どうやってプログラミングの独学をすればいいのでしょうか?

まず何を揃えたらいいのか?

まずプログラミングの独学のために何を揃えたらいいのでしょうか?
それは↓です。

  • インターネット

  • 教材

  • パソコン

プログラミングの独学ではこれら3つのアイテムが必須です。

インターネットはなかでも必須です。
今どきのプログラミングでインターネットを使わないというのは考えられません。
環境を構築したりバグ/エラーを調べたりするのにもインターネットは必要です。

それから初学者の人には教材も必要です。
わかりやすくて自分に合った教材。
これがないと勉強もはかどりません。

そしてパソコン
パソコンがないとプログラミングは難しいです。
最近はスマホやタブレットでプログラミングをする人もいるらしいです。
ですがベストなのはやはりパソコンです。

パソコンにお困りの方は↓の記事も参照してみてください。

どうやって学べばいいのか?

プログラミングはどうやって学べばいいのでしょうか?
結論としては↓になります。

  • 本、Webで学ぶ

  • 動画で学ぶ

  • 人に聞いて学ぶ

昔からプログラミングを学ぶ基本的な方法として本で学ぶというのがあります。
これが一番基本的でオーソドックスな方法です。

それからWebサイトのコンテンツで学ぶのも一般的です。
ブログなど無料で学習コンテンツを公開してる人も多いです。
そういったコンテンツを見れば無料で独学できます。

今の時代は動画で学ぶのも一般的です。
無料だとYoutube, 有料だとUdemyが有名です。
Youtubeは無料で学習コンテンツが公開されています。
これを見れば独学も可能です。

それからこれも昔からの方法ですが他人に聞くというのもそうです。
わからないことがあったら他人に聞くというのがプログラミングでは一般的です。
質問サイトなどで質問すれば上級者の人が回答してくれます。

何を調べればいいのか?

プログラミングの独学では何を調べれば良いのでしょうか?
もうすでにあなたはプログラミングの独学について調べる力を持っています。
ですのでこれは蛇足になるかもしれませんが↓になります。

  • プログラミング言語の文法を調べる

  • バグ/エラーを調べる

プログラミング言語というのはけっこうな量の文法があります。
本やサイトで教えている文法はごくごく一部です。
ですので他の文法については自分で調べる必要があります。

それからプログラミングにつきものなのがバグ/エラーです。
これも自分で調べて解決する必要があります。
GoogleやBingなどでエラーメッセージを調べて解決しなければいけません。

おすすめのプログラミングの独学方法はこれです

それでおすすめのプログラミングの独学方法は何になるのでしょうか?
おすすめの独学方法は↓です。

  • 本、Webで学ぶ

  • 動画で学ぶ

  • 他人に聞く

  • 習うより慣れる

  • 反復と継続

これらの独学方法はすべて普遍的なものです。
例えばあなたがプログラミング上級者になったとしてもこれらの方法は使うことになるでしょう。
この普遍的な独学方法はいわばプログラミングにおける真理の1つです。

これらを押さえておいていつでも実践できるようにしておきましょう。

本、Webで学ぶ

本やWebサイトでプログラミングを学ぶのは昔からある方法です。
初心者から玄人まで幅広い層に親しまれています。

本やWebで学ぶのは両方やることをおすすめします。
本を買って、そしてWebでも学ぶわけですね。
そうすると効率がアップします。

  • 本とWebの両方で学んで効率アップ

なぜかというと情報のソースは複数あったほうがいいからです。
さらに自分と相性の良い教材を見つけるには色々な教材に触れる必要があります。
そういった色々な教材に触れて自分に合った本やサイトを見つけます。

  • 自分に合った教材を見つけよう

そうすることで勉強の効率が大幅にアップします。
ですのでいつでもアンテナを張っておくのが大事です。

動画で学ぶ

今どきは動画で学ぶの一般的です。
YoutubeやUdemyなどの動画コンテンツで学習すればプログラミングの独学ができます。

動画で独学するというのは非常に今の時代にマッチしている学習方法と言えるでしょう。
時代の最先端と言っても過言ではない学習方法かもしれませんね。

動画では音声と絵が流れているので非常に情報量が多いです。
その情報を吸収することで効率よく学習することができます。
またテキストではよくわからなかったことも動画にするとなんだ簡単じゃん! となることもよくあります。
つまり学習の内容は同じでも媒体が変わることで違った角度から学習できるということですね。

そういうわけで動画でプログラミングを独学するのは非常におすすめです。

他人に聞く

他人に聞くのもおすすめです。
StackoverflowなどのWebサイトでは初心者の質問に上級者が答えてくれています。
ですのでプログラミングの独学でわからないことがあったら質問サイトで聞くのがいいでしょう。

プログラミングでは自分だけではわからない問題に多く遭遇します。
ですのでそういった問題にあたると学習が止まってしまいます。
そうならないようにわからないことができたら他人に聞くというのが非常に大事になります。

習うより慣れる

プログラミングの独学は習うより慣れるのが大事です。
つまりコードを書いてエラーやバグを出すのが大事なんですね。

エラーやバグなんか出してどうすんだ、と思うかもしれません。
しかしエラーやバグというのは上級者の人でも出します。
初心者と上級者の違いはそのエラーやバグを自力で解決できるかどうかです。

  • 自力でエラーやバグを解決できるかどうか

そしてエラーやバグを自力で解決できるようになるには自分でできるだけエラーやバグに挑まなければいけません。
解決できなくて最終的に他人に聞いてもいいです。
ようは自分でエラーやバグを解決しようとする姿勢が大事です。

たとえばエラーやバグが出たら最初から他人に聞くという姿勢になってしまうとどうなるでしょうか。
この場合はあまりプログラミングが上達しません。
エラーやバグというのはプログラミングの経験を積む機会です。
その機会にどれだけ時間を使えるかで成長速度が変わってきます。

  • エラーやバグは成長機会

上級者の人たちもそういう経験を経てきた人たちです。
だからバグやエラーを解決できるんですね。

反復と継続

プログラミングの独学では反復と継続が非常に大事です。
反復してコードを書いて身体にコードを覚えさせる。
そしてそれを一定期間、継続する。

いわゆるプログラミングの独学は筋トレに近いものがあります。
コードを丸暗記するのが理想的ですがなかなかそれは難しいです。

  • プログラミングの独学は筋トレに近い

  • コードの丸暗記は難しい

ですので頻繁に使うコードは何度も書いて身体に覚えこませるわけです。
そうするとスラスラとコードを書けるようになります。

反復と継続が大事な理由はこれをやらないとすぐ忘れてしまうからです。
せっかく本や動画でプログラミングを勉強してもしばらくコードを書かないと忘れてしまいます。
そうなったら本や動画を見た経験が無駄になってしまいます。

  • 反復と継続を忘れずに

ですのでそこから継続して反復を繰り返すというのが独学のコツです。

おわりに

今回はおすすめのプログラミングの独学方法について解説しました。
今回解説した内容は普遍的な内容です。
覚えておいて損はないですよ。

(^ _ ^)

プログラミングの独学の道は

(・ v ・)

1日にしてならず



この記事のアンケートを送信する