プログラミングが楽しい言語はこれです【初心者向け解説】

580, 2022-11-02

目次

プログラミングが楽しい言語はどれ?

プログラミングをやるならどうせなら楽しい言語をやりたい。
そう考えるのが普通ですよね。

プログラミングを楽しめる言語は何なんでしょうか?
それはずばり「Python」です。

Pythonを使えばプログラミングを思う存分たのしむことができます。
この記事ではプログラミングを楽しめる言語について具体的に解説します。

関連記事

ずばりPythonがおすすめ

繰り返しになりますがおすすめはPythonです。

Pythonはグイド・ヴァン・ロッサム氏によって開発されたインタプリタ型言語です。
シンプルな文法にパワフルで便利なライブラリ、そして様々な環境で動くというメリットがあります。

さいきんはPythonの人気も高まってきていてアンケートでもランキング上位に名前が出ていることが多いです。
たとえばStackoverflowの2022年のアンケートがあります。
このアンケートはプロフェッショナルの開発者に対して行われました。

それによると開発者の中でPythonを使っている人は全体の48%にものぼりました。
つまりプロの開発者は2人に1人がPythonを使っているということになります。
すごい人気ですね。

またpaizaのアンケートもあります。
このアンケートはpaizaを利用している社会人ユーザーを対象にしたものです。
それによるとユーザーが一番好きなプログラミング言語は「Python」だそうです。
票数は234で全体の30%がPythonが好きだと答えました。

このようにPythonは非常に人気があります。
それはPythonによるプログラミングが楽しいからです。

Pythonが楽しい理由は?

数々のアンケートからもPythonが人気があるのはわかりました。
ではその人気の秘密であるPythonの楽しさとはなんなのでしょうか?

これはつまり↓になります。

  • 文法が簡単

  • ドキュメントが豊富

  • ライブラリが充実している

これらの特徴からPythonは多くの開発者に愛されています。
Pythonなしではクオリティ・オブ・ライフ、つまり生活の充実度も変わってしまうという人も多いでしょう。
まさにPython依存、Pythonジャンキーです。
世界はPythonジャンキーであふれています。

もちろんPythonジャンキーを快く思わない人もいます。
そういう人はたいてい自分のおすすめの言語をすすめてきます。
「Pythonなんか使わずにこれを使え」と。

しかしPythonジャンキーは生粋のプログラミング・ジャンキーですから、浮気はしません。
あなたもPython漬けになって新しい世界を体験してください。

(^ _ ^)

もうちょっと健全な勧誘をしろよ

(・ v ・)

ジャンキー視点

文法が簡単

Pythonはなにより文法が簡単です。
Pythonの文法は非常にシンプルでわかりやすいです。

インデントを特徴とした文法で、タイプ量を少なくしてコードを書くことができます。
まさに省エネでSDGsにも適っているサイエンスな言語といえます。

たとえばPythonのハローワールド・プログラムは↓になります。

print('Hello, World!')

非常に簡単ですよね。
これがどれぐらい簡単か?
ではC言語のハローワールド・プログラムと比べてみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void) {
    printf("Hello, World!\n");
    return 0;
}

Pythonに比べるとちょっと複雑ですよね。
Pythonは1行、C言語は6行です。うーん、その効率はおよそ6倍。
これはPythonにやみつきになる人が多いのも納得です。

ドキュメントが豊富

Pythonはドキュメントが充実しています。
ドキュメントというのはPythonについて調べるときに参照するテキストのことです。

たとえば文法とかライブラリとかの使い方、そういったものを調べるのにドキュメントを使います。
Pythonは日本人の利用者も多く日本語のドキュメントも非常に充実しています。

公式サイトなら例えばdocs.python.orgがあります。

このドキュメントはプロも参照する資料です。
まさにPythonの1次ソース。
これは読むっきゃないです。

あとはGoogleで「Python 入門」と検索してみましょう。

そうするとPythonに入門するためのドキュメントや記事が多く見つかります。
なんとほとんどが無料で読めます。
これはつまりPythonの勉強はタダで行えるということです。
いい時代ですね!

ライブラリが充実している

Pythonはライブラリも充実しています。
ライブラリとは何なのか?

ライブラリとはプログラミングで使う道具のことです。
たとえばCSVやJSONを読み込むライブラリやデスクトップアプリを作れるライブラリなどもあります。
ほかにもいろいろあってPythonは標準ライブラリだけで大抵のことができます。

この特徴からPythonは「バッテリーを内蔵している」とも言われます。
Pythonが動く環境があれば大抵のアプリはそれだけで作れちゃうという意味です。

まさに面倒くさがりな私にとっては天の恵みともいえる言語です。
サイコーに楽しい!
あなたもこの楽しさをぜひ味わってほしいです。

たとえばTkinterというライブラリはデスクトップアプリを作るのに使われます。

Pythonを使えばどんなプログラムが作れるか?

Pythonによるプログラミングが楽しいのはわかりました。
ではPythonを使うとどんなアプリやプログラムが作れるのでしょうか?
これは代表的なものをあげると↓になります。

  • コマンド

  • Webアプリ

  • デスクトップアプリ

  • 機械学習

コマンド

コマンドとは端末(黒い画面)から打ち込んで使うプログラムのことです。
Pythonはこういったコマンド制作にも使えます。

よく映画とかでハッカー黒い背景と緑色の文字が並んでいる画面に何か打ち込んでますよね。
あれはコマンドを打ち込んでいます。
たとえば「cat」というコマンドがある場合は「cat secret.txt」などとコマンドを打ち込んだりします。
ちなみに「cat」はテキストファイルを連結して表示するコマンドです。

つまりPythonはハッカーの道具も作れるということです。
なんだかワクワクしませんか?

Webアプリ

PythonはWebアプリも作れます。
Webアプリというのはブラウザから利用できるアプリのことです。

たとえばTwitterなんかはWebアプリです。
こういった動きのあるアプリを作るのにPythonが使われます。

  • 動きのあるWebアプリもPythonで開発できる

Pythonの道具でDjango(ジャンゴ)というものがあるんです。
これを使うとSNSや掲示板とかが作れるようになります。

有名なのはInstagram(インスタグラム)です。
InstagramもDjangoで開発されました。
あのInstagramもPython製だったんですね。

デスクトップアプリ

Pythonはデスクトップアプリも作れます。
デスクトップアプリとはデスクトップ上で動作するアプリ。
つまりパソコンのデスクトップに表示できるアプリのことです。

PythonはTkinterをはじめとして外部ライブラリのPySimpleGUIなどを使えば簡単に開発できます。

またPyInstallerというツールを使えばスクリプトを実行ファイル(exe)に変換することも可能です。
WindowsネイティブなアプリもPythonで作れるということですね。

Pythonなんでもできますね。

機械学習

Pythonと言えば機械学習です!

Pythonは機械学習の分野ではその実用性でトップを突っ走っている言語です。
機械学習でデータをもとに学習してそして出力させる。

たとえばTensorFlowscikt-learnなどのライブラリが有名です。
これさえあれば個人でも自分のパソコンで機械学習ができます。

時代はAIの時代、まさに機械学習の時代です。
時代の先端を突っ走って楽しいプログラミングがしたい場合はうってつけと言えます。

Pythonを楽しむためにはどうしたらいいか?

Pythonをより深く楽しむためにはどうしたらいいでしょうか?
それは方法があります。

その方法とは↓です。

  • 基礎文法を学ぼう

  • ライブラリの使い方を覚えよう

  • フレームワークを習得しよう

基礎文法をマスターしてライブラリの使い方を覚え、そしてフレームワークを覚えます。
これらを学ぶことでPythonによるプログラミングがさらに楽しくなります。

基礎文法を学ぼう

Pythonの基礎文法をマスターする必要があります。
Pythonによるプログラミングを楽しむためには。

基礎文法とは

  • 計算式

  • 変数

  • if文

  • for文

などの基礎的な文法のことです。
これらの文法をマスターすればプログラミングも楽しくなります。

なぜなら基礎ができると応用ができるようになるからです。
応用は自分のアイデアを実現できるので非常にエキサイティングです。

関連記事
Pythonのif文の書き方【条件分岐】 - なるぽのブログ
Pythonのfor文の書き方【繰り返し文、ループ文】 - なるぽのブログ

ライブラリの使い方を覚えよう

プログラミングを楽しむことはつまりライブラリの使い方を覚えるのとイコールです。
ライブラリがあればいろいろなことができます。

  • ライブラリがあれば色々なことが可能になる

自分の力だけではできないとても高度なプログラミングもライブラリを使えば可能です。
ですので基礎文法を覚えたら色々なライブラリを使ってみてください。
そしてその使い方をマスターしましょう。

そうすることで自分のできることの選択肢が広がります。
そうなるとあとはアイデア次第で色々なアプリが作れます。
想像するだけで楽しそうじゃないですか?

フレームワークを習得しよう

さらにWeb開発をしたい場合はフレームワークも覚えるといいです。
フレームワークとはアプリを作るためのライブラリよりも大きな枠組みのことです。

最近のWebアプリはみなフレームワークを使って作られています。
ですのでフレームワークを覚えることはWebアプリを作るための近道です。

  • Webアプリを作るならフレームワークを覚えよう

たとえばInstagram(インスタグラム)はDjangoと言うフレームワークで開発されています。
あのインスタ映えで有名なインスタもPython製です。
その気になればInstagramみたいなサイトも作れるということです。

いや、さすがに個人でインスタを作るのはちょっと無理かもしれませんが、もっと小さいアプリなら余裕で作れます。
Webアプリを作ってヒットさせたい人はフレームワークを学んでみてください。

Pythonでプログラミングすることで味わえる禅

Pythonによるプログラミングはに近いものがあります。
無の境地に至って究極の精神状態を体験できるのがPythonによるプログラミングです。

筆者もPythonによるプログラミングでよくゾーンを体験しています。
気が付いたら朝から夕方なんてこともよくあります。

(^ _ ^)

Pythonで味わう無の境地

(・ v ・)

Pythonで悟りを得そう

Pythonを極めるとゾーン体験できる

Pythonによるプログラミングはゾーンを体験するのにうってつけです。
ソーンとは極限の集中状態のことを言います。

時間が経つのが速くなり、生産性が最大レベルになります。
プログラミングはゾーンを体験しやすい作業です。
そしてそれはPythonではより顕著と言えます。

集中することで精神が充実する

ゾーンは精神を安定させます。
ゾーンを体験している人は一歩進んだ精神世界の住人になることが可能です。

プログラミングが楽しければゾーンも体験しやすい。
そしてPythonによるプログラミングは楽しいものです。
つまりPythonでゾーンを体験できるかもしれないということになります。

Pythonで禅を行うにはどうしたらいいか?

Pythonで禅を行いゾーンを体験するにはどうしたらいいでしょうか?
これは↓になります。

  • 周りの環境を静かにする

  • プログラミングに集中する

  • ゾーンに突入する

周りを静かにしてプログラミングに集中しそしてゾーンに突入します。
これがPythonにおける禅です。

周りの環境を静かにする

雑音は邪魔です。
できるだけ静かな環境に身を置いてパソコンと向かい合ってください。

お香をたくのもいいでしょう。
精神を集中させるために工夫します。

プログラミングに集中する

そしてプログラミングに集中します。
最初は色々なことに気が散るでしょう。

しかし少し「面倒だな」という気持ちを乗り越えればその先には広がっています。
神秘的な精神世界が。

プログラミングに集中して精神の時間を加速させて充実した体験を得ましょう。

ゾーンに突入する

[R}ゾーンに突入[/R]して安心とあんねいの精神世界を存分に味わってください。
あなたを邪魔するものはだれもいません。

この世界ではあなたは無です。
そしてあるのはキーボードをたたく両手だけ。

電子の世界と人間的精神物質を交流させてこの世界の真理を体験します。
そう! 世界は常に流れています。
この世は無常です。

おわりに

今回はプログラミングが楽しい言語について解説しました。
結論はPythonです。
楽しいプログラミングをしたいならPythonを学んでください。

(^ _ ^)

すばらしい世界へいざない

(・ v ・)

無常の世界の真理を得る



この記事のアンケートを送信する