« < 1  2   3   4   5   >   » 
(1 ~ 5件目表示 / 518件中)


記事一覧

C言語の将来性について考える

530, 2022-08-08

C言語の将来性について考える

C言語の将来性は伸びることはないにせよ無くなることもない、という感じだと思います。
これから爆発的にC言語が流行るということはないでしょう。
しかし急激に需要がしぼんでいって消滅するということもないはずです。

なぜならC言語で実装されているソフトウェアは世界中にあり広く使われているからです。
C言語が無くなるのはおそらく向こう50年はないでしょう。

(省略されました)


プログラミングのブロックとは?わかりやすく解説

529, 2022-08-05

プログラミングのブロックとは?わかりやすく解説

プログラミングにおけるブロックとは複数のコードが集まっているコードの区切りのことを言います。
複数のコードが集まっている様子から「ブロック」と言われています。

プログラミング言語によってコードのブロックに意味を持たせることもあります。
たとえば変数のスコープ(寿命)。
C言語などのプログラミング言語では変数のスコープはブロック単位になります。

(省略されました)


中学生が無料でプログラミングを始めるには?

528, 2022-08-04

中学生が無料でプログラミングを始めるには?

いま中学生でプログラミングを始めたいという人は増えています。
中学でもプログラミングが必修化されていよいよIT化時代になってきました。

結論を言うと中学生がプログラミングを無料で始めるには教材に関しては無料でできます。
しかしパソコンとインターネット環境はお金を払って用意しないといけません。

(省略されました)


C言語のif文で複数条件を指定する

527, 2022-08-02

C言語のif文で複数条件を指定する

C言語のif文で複数条件を指定したい時があります。
複雑なプログラムになるとそういった条件指定が必要です。

こういう時はAND(&&)やOR(||)で条件式を連結して複数条件式にします。
この記事ではC言語のif文で複数条件を指定する方法を解説します。

(省略されました)


C言語のノットイコール演算子の使い方

526, 2022-08-01

C言語のノットイコール演算子の使い方

C言語の演算子にノットイコール(!=)演算子があります。
これを使うとAとBが違うものかどうか判断することができます。

たとえばif分ではノットイコール演算子は↓のように使います。

#include <stdio.h>

int main(void) {
    int a = 1;
    if (a != 2) {
        printf("2ではありません\n");
    }

    return 0;
}

(省略されました)


« < 1  2   3   4   5   >   » 
(1 ~ 5件目表示 / 518件中)