(1 ~ 2件目表示 / 2件中)
カテゴリー「ゆっくりスクリプト」の条件で表示中。

記事一覧

  • プログラミングが上達しない本当の理由【ゆっくりスクリプト】

    195, 2021-03-02


    テロップ=プログラミングが上達しない

    美琴:うーん
    星夜:どうしたの?
    美琴:プログラミングを勉強してるんだけど
    星夜:うん
    美琴:なんていうか上達しないんだよね
    星夜:プログラミングが上達しない
    美琴:そうそう

    美琴:勉強を続けてるんだけど、
    美琴:上達する気配が無くて
    星夜:気配がないってどれぐらい?
    美琴:うーん、まったくない感じ
    星夜:あらら
    美琴:だから気持ちが焦っちゃって
    美琴:このまま上達しないまま、
    美琴:ずっと行くのかなって

    美琴:長いことやってるんだけど、
    美琴:上達しないんだよね
    星夜:うーん、そうなんだね
    美琴:たくさんプログラミングに時間を使ってるのに、
    美琴:ちっとも上達しなくて、
    美琴:いやになっちゃうんだよね
    星夜:なるほど

    美琴:なんていうかマンネリしてる気もするし
    美琴:プログラミングから刺激を感じないというか
    美琴:最近はなんでプログラミングを
    美琴:やってるのかなーって感じ
    星夜:そうなんだ

    テロップ=自分は才能が無いのか?

    美琴:私ってプログラミングの才能無いのかな?
    星夜:うーん
    美琴:才能があればどんどん上達するでしょ?
    美琴:上達しないってことは、つまり
    美琴:才能がないってことじゃ……
    星夜:プログラミングの才能か
    星夜:目に見えないものだから、
    星夜:掴みづらい話だよね
    美琴:そうそう
    美琴:なんていうか、実体が見えなくて、
    美琴:確信も持てないし……

    星夜:まぁ、言っちゃうと、
    星夜:才能は無くてもプログラミングは可能だよ
    美琴:本当ぉ?
    星夜:本当本当
    星夜:というか
    星夜:プログラミングが出来てる段階で、
    星夜:才能はあるんだよね
    美琴:あー
    星夜:本当に才能が無い人は、
    星夜:プログラミングが上達しないっていう
    星夜:悩みすら持てないよ
    美琴:なるほど
    星夜:才能が無いって、量の話でしょ?
    星夜:「めちゃくちゃ才能がある」とか
    星夜:「少ししか才能が無い」とか
    美琴:あーそうそう
    美琴:少ししか才能が無いのかな?
    星夜:才能ってふくらむモノだからね
    星夜:続けてると段々大きくなるよ

    テロップ=上達しないプログラミングとは?

    星夜:上達しないのは、
    星夜:上達しないプログラミング
    星夜:してる可能性があるね
    美琴:上達しないプログラミング?
    美琴:そんなのがあるの?
    星夜:あるある
    星夜:まぁ僕の経験則になっちゃうけど

    星夜:1つは、簡単なお題
    星夜:繰り返しやっている可能性だね
    美琴:簡単なお題?
    星夜:そう。たとえば、
    星夜:Hello, World!プログラム
    美琴:あ、それ私でも作れる
    星夜:でもHello, World!プログラムを、
    星夜:何回も作っていても、
    星夜:プログラミングは上達しないよね
    美琴:あー、確かに
    星夜:他にも基礎的な文法を使った
    星夜:プログラムとかもそう
    星夜:まぁ最初の内は、
    星夜:これでも十分上達するんだけど、
    星夜:ある程度慣れてきた人は、
    星夜:これぐらいのプログラムでは、
    星夜:上達しなくなっちゃうよね

    星夜:あとは、
    美琴:あとは?
    星夜:断片的にプログラミングをしてる場合ね
    美琴:断片的って?
    星夜:つまり、間が空いてるってこと
    美琴:間?
    星夜:間
    星夜:仮に一ヶ月ぶりにプログラミングをしたとして、
    星夜:果たしてそれで上達するのかって話
    美琴:あー、しないかも
    星夜:でしょ?
    星夜:上達したい場合は、
    星夜:ある程度継続的なプログラミングが必要だよね

    星夜:それから、他人のコードを読まない
    美琴:他人のコード?
    美琴:他人のコードを読むのが大事なの?
    星夜:これは意見分かれると思うけど、
    星夜:僕はけっこう大事だと思う
    星夜:たとえば本のコードとか、
    星夜:読むのも大事
    美琴:へぇー
    美琴:自分のコードを読んでるだけじゃ
    美琴:だめなんだ?
    星夜:駄目ではないけど、
    星夜:それだと刺激が少ないよね

    テロップ=プログラミングの上達で必要なもの

    美琴:それじゃプログラミングの上達で
    美琴:必要なものってなにがあるの?
    星夜:知りたい?
    美琴:うん。知りたい
    星夜:うまい棒おごってくれる?
    美琴:おごるおごる
    星夜:うふふ。いいよ

    星夜:まず1つは、「ある程度の負荷」だね
    美琴:負荷?負荷ってどういうこと?
    星夜:精神的、肉体的負荷
    星夜:これがないと、上達しない
    美琴:へぇー?
    星夜:たとえば筋トレを思い出してほしい
    星夜:筋トレで、
    星夜:ゆるーくやって筋肉付く?
    美琴:付かないかも
    星夜:そうでしょ、プログラミングも
    星夜:基本的にはそれと同じ
    星夜:ある程度、自分に負荷がある
    星夜:プログラミングをしないと
    星夜:上達しないんだよね
    美琴:なるほど、筋トレと同じなのね
    星夜:基本的にはね
    星夜:勉強もそうだよ
    星夜:新しいこと覚えるには、
    星夜:脳みそに負荷をかける必要があるでしょ
    美琴:うんうん
    星夜:負荷をかけるっていうのは大事なんだね

    星夜:それからさっきも言ったけど、
    星夜:継続的なプログラミング
    美琴:断片的でなく?
    星夜:そう
    星夜:可能なら毎日が理想的だけど
    星夜:仕事とか学校行ってる人は
    星夜:難しいかもしれない
    星夜:それでも3日に1日ぐらいは
    星夜:プログラミングをしたほうがいいね
    美琴:これも筋トレなの?
    星夜:そうそう。するどいね
    星夜:これも筋トレと同じで、
    星夜:一定期間、一定量の
    星夜:負荷をかけないと、
    星夜:意味がない
    美琴:なるほどね~
    美琴:たしかに腕立てとか、
    美琴:1カ月間隔でやっても、
    美琴:筋肉付かないもんね
    星夜:そうなんだよね
    星夜:筋トレから学ぶことは多いと思うよ

    星夜:あとは、外からの刺激も大事
    美琴:外からの刺激?
    星夜:そう
    星夜:つまり他人のコードを読むってことね
    星夜:これは本とか、
    星夜:あるいはネット上のコードでもいいけど
    星夜:外からの刺激を自分に与える
    星夜:そうすることで、
    星夜:脳みそが刺激されて、
    星夜:プログラミングが上達しやすくなる
    美琴:そういうもん?
    星夜:そういうもんだよ
    星夜:それが証拠に、
    星夜:OSS開発やってる人たちって、
    星夜:みんなプログラミングが上手でしょ
    美琴:OSS開発ってなに?
    星夜:OSSって
    星夜:オープンソースソフトウェア
    星夜:のことで、
    星夜:たとえばGitHubとかでの開発
    美琴:なんかすごそう
    星夜:基本的にはだれでも参加することができるよ
    星夜:まぁプロジェクトによっては、
    星夜:難易度が高いけど
    星夜:初心者用のプロジェクトがあれば、
    星夜:それに参加するのがいいだろうね

    テロップ=プログラミングが上達しない時の心構え

    美琴:プログラミングが上達しないと、
    美琴:気持ちがすごく塞ぐんだよね
    星夜:プログラミングが上達しない現象って、
    星夜:実はプロにも起こることがあるんだ
    美琴:プログラマーの人達にも?
    星夜:そうそう、あるよ
    星夜:実はこれって、
    星夜:万人の悩みなんだよね
    美琴:そういう時どうしたらいいの?

    星夜:まず、焦っては駄目だね
    星夜:焦ると事態が進展しないから
    星夜:焦らずにどっしり構えるのが大事
    美琴:焦るとつらいよね
    美琴:なんでもかんでも空回る感じ
    星夜:そうそう
    星夜:だからそうならないように、
    星夜:深呼吸して、
    星夜:あるいは気晴らしに他のことやっても良いし
    星夜:とにかく長い目で俯瞰すると良いよね

    美琴:つまり気長に取り組むってことね
    星夜:うん
    星夜:気長に取り組んで
    星夜:さっき言ってきたことを実践すると
    星夜:定期的な負荷と刺激を自分に与えて
    星夜:それを長い時間行う
    美琴:それが難しいんだよね~
    星夜:だよね~
    星夜:まぁそれも筋トレに近い所があるね
    美琴:スポーツマンってすごいんだね
    星夜:そういうことになるね
    星夜:プログラミングもある意味
    星夜:スポーツみたいなところがあるから
    星夜:スポーツマンになった気で
    星夜:筋トレに取り組もう
    美琴:筋トレじゃなくて
    美琴:プログラミングね
    星夜:プログラミング
    美琴:ありがとう
    美琴:試してみるね
    星夜:それじゃ、うまい棒ちょーだい
    美琴:はい、「上げた」
    美琴:(うまい棒を上にあげる)
    星夜:……
    美琴:あはは、ありがとうね~
    星夜:またやられた

  • プログラミングは時間の無駄なのか?【ゆっくりスクリプト】

    161, 2021-01-18


    美琴:うーん・・・
    星夜:どうしたの?
    美琴:プログラミングの勉強をしてるのだけど
    星夜:へぇ。言語は何を勉強してるの?
    美琴:なんだっけ、えーとパイ…パイ…
    星夜:Python?
    美琴:そうそう。Python
    星夜:それで何を悩んでるの?
    美琴:うーん実は、プログラミングって
    星夜:うん
    美琴:時間の無駄なんじゃないかって
    星夜:え? プログラミングが?
    美琴:そう

    テロップ=プログラミングは時間の無駄なのか?

    星夜:そんなことないよ
    星夜:プログラミングは時間の無駄じゃない
    美琴:でも、いま勉強してることも
    美琴:結局役に立たないで終わるんじゃないかな…
    星夜:えぇ
    星夜:なぜそう思うのさ?
    美琴:いま勉強してるんだけど、
    美琴:このプログラミングの知識って、
    美琴:どういう時に役に立つのかわからなくて
    星夜:たとえばどんな知識?
    美琴:環境構築の方法とか
    美琴:「Hello, World!」の出し方とか
    星夜:ああ
    星夜:それらの知識が役に立たないってことは、
    星夜:つまり実生活で約に立たないってこと?
    美琴:そう。だから時間の無駄なんじゃないかな
    星夜:うーん、確かに環境構築とか、
    星夜:「Hello, World!」の出し方とか、
    星夜:これらが実生活で役に立つかって言ったら、
    星夜:役に立たないと思うけど
    美琴:そうでしょ?
    美琴:ということは、この先覚える知識も、
    美琴:結局役に立たないで終わって、
    美琴:結果的にプログラミングの勉強も、
    美琴:時間の無駄だったなんてことに
    美琴:なるんじゃないかって
    星夜:そんなことないよ
    星夜:プログラミングは役に立つ
    美琴:ほんとぉ?
    星夜:うん。特にパソコンを使った作業では
    星夜:プログラミングほど便利なスキルはないよ
    星夜:ただ、そこまで行くのには、
    星夜:ちょっと時間がかかるんだよね
    美琴:時間がかかる? どれぐらい?
    星夜:人にもよるけど、だいたい数カ月ぐらいは
    美琴:そんなに時間がかかるの?

    テロップ=プログラミングが役に立つまでにかかる時間

    星夜:まずプログラミングだけど、
    星夜:プログラミング言語を習得するよね
    美琴:うん
    星夜:君の場合はPythonね
    星夜:で、基礎的な言語の文法を習得するのに、
    星夜:人によって個人差があるけど、
    星夜:だいたい数カ月ぐらいかかる
    美琴:ということは、
    美琴:ほとんどが言語の学習コストなのね
    星夜:そうだね
    星夜:で、さらに、
    美琴:さらに?
    星夜:そこから便利なプログラムを作れるようになるまで、
    星夜:またちょっと時間がかかる
    美琴:便利なプログラム?
    星夜:そう。たとえば…
    星夜:エクセルの複数のファイルを集計したり、
    星夜:テキストファイルを編集したりとか
    美琴:ああ
    美琴:そういうプログラム作れるようになると、
    美琴:なんか報われるよね
    星夜:そうでしょ?
    美琴:でも、そこまで行くのに時間はかかるんでしょ?
    星夜:まぁ個人差あるけどね
    星夜:具体的にはライブラリの使い方だね

    テロップ=ライブラリの使い方を覚える

    美琴:ライブラリ
    美琴:ライブラリってなに?
    星夜:ライブラリって、言語の道具のことだよ
    星夜:ライブラリがあると色々なプログラムを作れるようになるんだ
    星夜:たとえばPythonでエクセルを編集するなら、
    星夜:Googleで「Python エクセル」で検索すると、
    星夜:それっぽいライブラリの解説記事が出てくる
    星夜:それからPythonでGUIアプリを作るなら、
    星夜:標準で入ってるTkinterとか
    美琴:GUIアプリってなに
    星夜:GUIアプリっていうのは、
    星夜:ウィンドウがあるアプリのこと
    美琴:へぇー
    星夜:ライブラリを使えるようになるまでいくと、
    星夜:プログラミングでできることが、
    星夜:ライブラリの品質に比例して上がるから、
    星夜:自分でいろいろなプログラムを作れるようになるよ
    美琴:そうなんだ
    美琴:でもね、そこまでのモチベーションが、
    美琴:つらい
    星夜:あぁ、それはわかるよ

    テロップ=プログラミングの学習は楽しい?苦痛?

    星夜:これも人によるんだけど、
    星夜:プログラミングの学習って、
    星夜:人によっては楽しいけど、
    星夜:人によってはただの苦痛でしかないんだよね
    美琴:あ、だよね
    美琴:なんかあんまり楽しくないんだよね
    星夜:うん、わかるわかる
    星夜:僕もあんまり楽しいと思ったことはなかった
    星夜:どっちかと言うと、
    星夜:エラーとかバグとかいっぱい出て、
    星夜:ストレス溜まることの方が多かったかな
    美琴:エラー出るとやる気無くすよね
    美琴:なに書いてあるかわかんないし
    星夜:うん、まぁエラーは、
    星夜:慣れると不感症になるというか、
    星夜:何も感じなくなるんだけどね
    美琴:本当?
    星夜:本当本当
    星夜:ああ、またかぁって感じ
    星夜:プログラミングが苦痛だという人は、
    星夜:基本的には慣れるしかない
    美琴:苦しいのに?
    星夜:そう、苦しさに慣れる
    美琴:プログラミングにそこまでする価値はあるの?

    テロップ=プログラミングを習得して得られるもの

    星夜:価値はある
    星夜:むしろこれからの時代、
    星夜:プログラミングの価値は、
    星夜:高まってると見ていいだろうね
    美琴:たとえばどんな価値?
    星夜:さっき言った、自分で便利なツールを
    星夜:作れるようになるというのが、
    星夜:1つの価値だね
    星夜:それから、
    星夜:プログラミングのスキルは、
    星夜:社会的付加価値が高いというのもあるね
    美琴:社会的付加価値?
    星夜:そう
    星夜:たとえば事務の仕事をしてる人が、
    星夜:自分の仕事をプログラミングで自動化したとする
    星夜:そうすればその人は、
    星夜:仕事を早く終わらせることができる
    星夜:そうするとその人の人材の価値が上がる
    美琴:周りより仕事が早いからね
    星夜:うん
    星夜:まぁ会社によっては、
    星夜:そういう人材をうまく扱えないところも
    星夜:あると思うけど、
    星夜:基本的にはプログラミングによって、
    星夜:その人の人材的付加価値は上がるよね
    星夜:あとは、
    美琴:あとは?
    星夜:アプリをリリースすれば、
    星夜:そのアプリから収入を得ることができるかもしれない
    星夜:アプリの世界は言っちゃうとすごい世界だから、
    星夜:モノによってはが付いちゃうこともある
    美琴:兆って、1兆円の兆?
    星夜:そう
    星夜:たとえばチャットアプリのSlack
    星夜:SlackはSalesforceに
    星夜:277億ドル(約2兆8900億円)で買収された
    美琴:きょっ?!
    星夜:Slackぐらいのアプリを個人で開発するのは、
    星夜:言っちゃうと無理だけど、
    星夜:個人開発で言えばたとえばマインクラフト
    美琴:ああ、マイクラね
    星夜:マイクラはマルクス・ペルソン、
    星夜:通称Notchが同人で開発したゲームだけど、
    星夜:知っての通り大人気になった
    星夜:でNotchは会社としてMojangを起こした
    星夜:このMojangはのちにマイクラごと
    星夜:マイクロソフトに買収されたんだけど、
    星夜:その額は25億ドル(約2600億円)
    美琴:ふえ
    星夜:まぁここに出したのは極端な例だけど、
    星夜:たとえば個人開発のアプリで、
    星夜:月収数十万円とか利益を出してる
    星夜:開発者もけっこう多い
    美琴:なんか現実的になったね
    星夜:月収数十万でもかなりすごいことだけどね
    星夜:これらの価値はすべて、
    星夜:プログラミングが生み出しているものだよ
    美琴:なるほど…
    美琴:ちゃんと価値があるんだね

    テロップ=結局、プログラミングは時間の無駄なのか?

    星夜:プログラミングの勉強は投資だよ
    美琴:投資?
    星夜:そう、将来の自分への投資
    星夜:プログラミングで価値を生み出すのは、
    星夜:1から勉強を始めると時間がかかるけど、
    星夜:その価値はとても大きいものなんだ
    美琴:たしかに今日の例を見るとそうね
    星夜:投資は途中でやめたら、損するだけさ
    星夜:お金と時間を無駄にする
    星夜:でも、実ればいろいろなものが見えてくる
    美琴:そうみたいね
    星夜:プログラミングの勉強のモチベーションは、
    星夜:維持するのがむずかしいけど、
    星夜:プログラミングの先に待っている価値
    星夜:これを強く意識することで、
    星夜:モチベを維持できるかもしれない
    美琴:なるほどね
    星夜:プログラミングの勉強が必修化されて、
    星夜:これからプログラミングは英語と同じぐらい、
    星夜:身近なものになっていくけど、
    星夜:いつの時代もこのことは不変的と言える
    美琴:でもAIでプログラミングが
    美琴:不要になる時代も来るんじゃない?
    美琴:ぜんぶプログラミングが自動化されて
    星夜:その将来はいつか来るだろうね
    星夜:でもまだだいぶ先だよ
    星夜:僕たちが生きてる間に実現されるかどうか
    星夜:技術的特異点が来て、
    星夜:予想だにしないことが起こっていく可能性もあるけど、
    星夜:もしプログラミングが自動化できていたら、
    星夜:その頃にはほとんどの仕事が自動化されていて、
    星夜:国はベーシックインカムを導入せざるをえないだろうね
    美琴:ベーシックインカムが導入されたら
    美琴:お金の価値も変わりそう
    星夜:まぁそうなっても、プログラミングの楽しさは変わらないだろうね
    美琴:あれ? プログラミングは苦痛なんじゃなかった?
    星夜:プログラミングは苦痛を乗り越えると
    星夜:すごい楽しくなるんだよ
    美琴:そっか、私もはやくそうなりたいな

(1 ~ 2件目表示 / 2件中)
カテゴリー「ゆっくりスクリプト」の条件で表示中。