(1 ~ 5件目表示 / 10件中)
カテゴリー「C言語」の条件で表示中。

記事一覧

  • C言語のatoi関数の使い方: 文字列を整数に変換する

    140, 2020-12-22

    atoi関数の使い方

    C言語には数字の書かれた文字列をint型の整数に変換する関数atoi()があります。
    この記事ではatoi関数の使い方を解説します。

    スポンサーリンク

    具体的には↓を見ていきます。

    (省略されました)

  • C言語の動的配列のリサイズ方法

    133, 2020-12-11

    C言語の動的配列のリサイズ方法

    C言語で動的なメモリの確保で配列のメモリを確保すると、実行時に可変長な長さの配列を作ることが出来ます。
    この配列を「動的配列」とか「可変長配列」などといいます。

    スポンサーリンク

    高度なC言語のプログラミングでは、この動的配列を使う機会が非常に多いです。

    (省略されました)

  • C言語でシャローコピーとディープコピーを実装する

    101, 2020-11-05

    はじめに

    プログラムのコピーには大きく分けて「シャローコピー」と「ディープコピー」があります。
    シャローコピーは浅いコピーで、ディープコピーは深いコピーです。

    スポンサーリンク

    これらのコピーについて、具体的には↓を見ていきます。

    (省略されました)

  • C言語のprintfの簡単な使い方: フォーマット文字列と引数

    93, 2020-10-28

    printf関数の使い方

    C言語の標準ライブラリにはstdio.hというライブラリがあります。
    このライブラリに「printf関数」という関数があります。
    printf関数は文字列や変数の中身などを画面に出力したい時に使われる関数です。
    PHPではecho, Pythonではprint, Rubyではputs的なポジションの関数です。

    このprintf関数はC言語を扱う場合、非常に基本的な関数ですが、その仕様について理解している人はあまり多くありません。

    (省略されました)

  • C言語のアロー演算子の詳しい使い方

    9, 2020-08-09

    アロー演算子とは?

    アロー演算子とは、構造体などのポインタ変数から、構造体のメンバにアクセスするときに使う演算子です。
    「アロー」は->で表現します。この矢印みたいなものが「矢」みたいに見えることから「アロー演算子」と呼ばれます。

    スポンサーリンク

    本記事では最初におおざっぱな解説を行い、その後に詳しい解説を書きたいと思います。

    (省略されました)

(1 ~ 5件目表示 / 10件中)
カテゴリー「C言語」の条件で表示中。