« < 1  2   >   » 
(1 ~ 5件目表示 / 7件中)
タグ「エラー」の条件で表示中。


記事一覧

RustのResultでエラーハンドリング処理を行う

618, 2023-01-06

RustのResultでエラーハンドリングをする

Rustでエラー処理をしたい場合によく使われるのがResultを使ったエラーハンドリングです。
Resultは正常時の返り値とエラー時の返り値を1つにまとめたものです。
関数が正常終了したら正常時の返り値を、エラーになったらエラー時の返り値を返します。

その関数を呼び出した側はmatch演算子などで返り値をチェックし、エラー時の処理などを記述します。

(省略されました)



C言語のエラー処理: スタックトレースを作成する

321, 2021-09-13

C言語のエラー処理~スタックトレース編

C言語には例外機構がありません。
そのためスタックトレースなども出力できませんが、C言語らしくスタックを自作することでスタックトレースを実現することが可能です。
この記事ではC言語で自力でスタックトレースを出力するということをやってみたいと思います。

この方法はいわゆる「こういう方法もあるよ」というエラー処理の一例であり、ベターであるかどうかは皆さんが判断してください。
ちなみに私はプログラミング言語の開発でこのようなスタックトレース機構を使っています。

(省略されました)


C言語のerrnoの使い方: 初期化、文字列化、参照、ハンドリング方法の具体例

298, 2021-08-02

C言語のerrnoの使い方

C言語で困っちゃうのがエラーハンドリングです。
C言語のエラーハンドリング方法って初学者の内に教えてくれるところをあまり見かけませんよね?
C言語の標準ライブラリや外部ライブラリなどは一般的にerrnoを使ったエラーハンドリングをしています。
この記事ではerrnoの使い方をまとめています。

具体的には↓を見ていきます。

(省略されました)


Pythonで扱う標準入力・標準出力・標準エラー出力(sys.stdin, sys.stdout, sys.stderr)

273, 2021-06-18

Pythonで標準入力・標準出力・標準エラー出力を扱う

Pythonでは標準の入力先として標準入力を表すファイルオブジェクトを扱うことができます。
他にも標準の出力先、標準のエラー出力先のファイルオブジェクトを扱えます。

結論から言うとそれぞれのファイルオブジェクトは↓のように扱います。

import sys


text = sys.stdin.read()  # 標準入力から読み込み
sys.stdout.write(text)  # 標準出力へ書き込み
sys.stderr.write('failed')  # 標準エラー出力へ書き込み

(省略されました)


« < 1  2   >   » 
(1 ~ 5件目表示 / 7件中)
タグ「エラー」の条件で表示中。