« < 1  2   >   » 
(1 ~ 5件目表示 / 6件中)
タグ「構文解析」の条件で表示中。


記事一覧

CaboCha(0.69)の解析結果がオウム返しになる【C++, 自然言語処理】

149, 2021-01-01

CaboCha(0.69)の解析結果がオウム返しになる

自然言語処理の勉強でUbuntuにCaboChaをインストールしました。
インストールしてCaboChaは起動するようになったのですが、肝心の解析結果が出力されず、入力テキストのオウム返しになってしまいます。

↓のような状態になります。


(省略されました)


CaboChaで目的語を抽出する【Python, 自然言語処理】

148, 2020-12-31

CaboChaで目的語を抽出する

人間の話す自然言語、それは自然の中で育まれてきました。
この自然言語を解析する処理が「自然言語処理」です。

自然言語処理は複数の工程にわかれていて、その中の「構文解析」という工程は単語と単語の係り受け関係を解析します。

この記事ではPythonの構文解析ライブラリである「CaboCha(カボチャ)」を使って、文中から目的語を抽出するスクリプトを書いてみたいと思います。

(省略されました)


CaboChaでランダムに文章を生成する【Python, 自然言語処理】

142, 2020-12-24

CaboChaで文章を生成する

人間の話す言語を「自然言語」と言います。
自然言語を解析する処理を「自然言語処理」と言います。

自然言語処理は↓のような工程に分かれています。

  • 字句解析

  • 構文解析

  • 意味解析

  • 文脈解析

↑のうち構文解析までをやってくれるPythonのライブラリに「CaboCha(カボチャ)」があります。

(省略されました)


CaboChaで構文解析して「私の~」を表示する【Python, 自然言語処理】

109, 2020-11-13

CaboChaで構文解析

構文解析。それは自然言語処理における第2の刺客。

  • 形態素解析 ← 第1の刺客

  • 構文解析 ← 第2の刺客

  • 意味解析 ← ボス

  • 文脈解析 ← ラスボス

Pythonには自然言語処理における構文解析を行ってくれるライブラリCaboChaがありますが、今回はこれを使います。
CaboChaを使って夏目漱石の「こころ」の文章を解析し、「私の」や「僕の」にかかっている名詞を表示します。

(省略されました)


PythonとCaboChaで構文解析: 誰が天才か判定する【自然言語処理】

108, 2020-11-12

CaboChaで誰が天才か判定する

日本語などの自然言語を解析する処理を「自然言語処理」と言います。
自然言語処理は↓のような工程にわかれています。

  • 形態素解析

  • 構文解析

  • 意味解析

  • 文脈解析

このうち「形態素解析」と「構文解析」をまとめてやってくれるライブラリに「CaboCha」というのがあります。
PythonでもこのCaboChaを使うことできます。

(省略されました)


« < 1  2   >   » 
(1 ~ 5件目表示 / 6件中)
タグ「構文解析」の条件で表示中。