(6 ~ 10件目表示 / 244件中)

記事一覧

  • Pythonのif文の書き方【条件分岐】

    241, 2021-05-03

    Pythonのif文の書き方

    プログラミング言語のPythonには制御文の1つとしてif文があります。
    if文を使うと条件によって処理を分岐することが出来るため、より複雑なプログラムを作れるようになります。

    結論から言うと、Pythonのif文は↓のように書きます。

    name = 'cat'
    
    if name == 'cat':
        print('nyan')
    elif name == 'dog':
        print('wan')
    else:
        print('gau')
    # nyan
    

    (省略されました)

  • Pythonのfor文の書き方【繰り返し文、ループ文】

    240, 2021-04-30

    Pythonのfor文の使い方

    プログラミング言語のPythonでは制御文の1つとしてfor文を使うことができます。
    for文を使うと繰り返し処理が書けて大量の処理をさばくことが可能になります。

    Pythonのfor文にはある程度決まった書き方があり、その書き方を覚えてしまえばあとは応用が利きます。
    この記事ではPythonのfor文の基本的な使い方を紹介します。
    具体的には↓を見ていきます。

    (省略されました)

  • Pythonのprint関数の使い方

    239, 2021-04-29

    Pythonのprint関数の使い方

    Pythonには組み込み関数にprint()があります。
    このprint()を使うと、さまざまなオブジェクトを標準出力や標準エラー出力に出力することができます。

    この記事ではprint()の使い方について詳しく見ていきます。
    具体的には↓です。

    (省略されました)

  • C言語の配列の使い方

    238, 2021-04-28

    C言語の配列の使い方

    C言語には基本的なデータ構造として配列があります。
    配列を使うと複数のデータを1つの変数にまとめることができます。

    現代的なプログラミングでは配列は必須の概念と言えます。
    この記事ではC言語で使える配列の基本的な作り方と使い方を解説します。
    具体的には↓を見ていきます。

    (省略されました)

  • C言語のポインタのポインタを解説

    237, 2021-04-27

    C言語のポインタのポインタ

    C言語ではポインタ変数のアドレスを別のポインタ変数に保存することができます。
    このとき、保存先のポインタ変数をポインタのポインタと言います。

    ポインタのポインタを使うとポインタ変数を間接的に参照することが可能になり、複雑なプログラムを作ることもできるようになります。
    しかしポインタのポインタは「わかりづらい」として、あまり使わないという人もいます。
    ですが知識としてポインタのポインタを知っておくことは、開発者の選択肢を増やします。

    (省略されました)

(6 ~ 10件目表示 / 244件中)