(1 ~ 5件目表示 / 32件中)
カテゴリー「自然言語処理」の条件で表示中。

記事一覧

  • spaCyのdisplacy.serve()の使い方【自然言語処理, Python】

    200, 2021-03-08

    spaCyのdisplacyの使い方

    私たちが使う言語は「自然言語」と呼ばれます。
    この自然言語をプログラム的に解析するのが「自然言語処理」です。

    Pythonには自然言語処理ライブラリのspaCyがあります。
    spaCyのモジュールdisplacyを使うと、spaCyの依存構造を視覚的に出力することができます。

    (省略されました)

  • spaCyの品詞ラベル(POS)一覧(日本語訳)【自然言語処理, Python】

    198, 2021-03-03

    spaCyの品詞一覧(日本語訳)

    私たちが使う言語は「自然言語」と言いますが、これを計算機的に処理することを「自然言語処理」と言います。
    Pythonで自然言語処理を行うにはライブラリを使います。

    spaCyはこのライブラリの1つです。

    spaCyを使えば日本語の文章を簡単に自然言語処理することができます。

    (省略されました)

  • spaCyで目的語を抽出する【自然言語処理, Python】

    197, 2021-03-03

    spaCyで目的語を抽出する

    私たちが使う言語は「自然言語」と言います。
    そしてその自然言語をプログラム的に解析することを「自然言語処理」と言います。

    Pythonには自然言語処理を行うライブラリspaCy(スパイシー)があります。
    今回はこのspaCyを使って日本語の文章から目的語を抽出するプログラムを作ってみたいと思います。

    (省略されました)

  • spaCyで依存構造を自力で出力する【自然言語処理】

    196, 2021-03-02

    spaCyで依存構造を出力する

    今回は自然言語処理ライブラリであるspaCyを使い日本語の文章を解析し、その依存構造を出力するということをPythonでやってみたいと思います。

    日本語の文章の依存構造を自力で出力することにより、spaCyによる依存構造の走査を把握することができます。
    再帰的にトークンの子供を走査して、そのトークンの持つテキストを出力します。

    今回は具体的には↓を見ていきます。

    (省略されました)

  • spaCyとGiNZAで名詞を抽出する【自然言語処理, Python】

    194, 2021-03-01

    spaCyとGiNZAで名詞を抽出する

    私たちの話す言葉は「自然言語」と言いますが、これを計算機に処理させることを「自然言語処理」と言います。
    自然言語処理を行うライブラリは沢山ありますが、今回はその中でもPythonのライブラリであるspaCyを使って見たいと思います。

    今回はspaCyを使って日本語の文章から名詞を取り出してみます。
    具体的にはspaCyについて↓を見ていきたいと思います。

    (省略されました)

(1 ~ 5件目表示 / 32件中)
カテゴリー「自然言語処理」の条件で表示中。