(1 ~ 5件目表示 / 27件中)
カテゴリー「Django」の条件で表示中。

記事一覧

  • Djangoで循環参照しているマイグレーションを解決する

    248, 2021-05-12

    Djangoで循環参照しているモデルをマイグレートする

    Djangoで開発を進めていて、ある程度の規模になったプロジェクトを、いざ本番サーバーにデプロイしてみると意外にマイグレーション周りでエラーが頻発するものです。
    その中のエラーの1つが↓のエラーです。

    django.db.migrations.exceptions.CircularDependencyError: bob.0001_initial, alice.0001_initial
    

    ↑のエラーはマイグレーションファイルが循環参照しているために起こるエラーです。

    (省略されました)

  • DjangoのMetaクラスの使い方【ordering, db_table, verbose_name, etc】

    191, 2021-02-24

    DjangoのMetaクラス

    PythonのWebフレームワークであるDjango(ジャンゴ)では、モデルと言う抽象化されたクラスを使ってデータベースにテーブルを定義します。
    このモデルはmodels.Modelを継承させたクラスとして作成しますが、このクラス内にはMeta(メタ)という内部クラスを配置することが出来ます。

    モデルのクラス内にMetaクラスを定義することでDjangoのそのモデルの取り扱い方法を変更することが可能です。
    また、モデルに限らずMetaクラスはフォームなどにも設定できます。

    (省略されました)

  • DjangoのDEBUGを環境変数で切り替える方法【Python】

    157, 2021-01-13

    DEBUGを環境変数で切り替える方法とは?

    PythonのWebフレームワークであるDjango(ジャンゴ)には本番環境と開発環境を切り替えるDEBUG変数というのものがあります。
    この変数はboolで、Trueにするとプロジェクトが開発モードになり、Falseにすると本番モードになります。

    便利なDEBUG変数ですが、マジックナンバーでベタ書きしておくと何かと変更が必要になり不便です。

    そこでこの記事では、このDEBUG変数を環境変数で動的に切り替える方法を解説します。

    (省略されました)

  • Djangoのexcludeで指定のレコードを除外する

    156, 2021-01-12

    Djangoのexclude

    PythonのWebフレームワークであるDjango(ジャンゴ)では、QuerySetというクラスを使ってモデルのレコードを自由に取得することが出来ます。
    filter()all()などの代表的なメソッドがQuerySetのメソッドです。

    そのメソッドの中にexclude(エクスクルード)という指定のレコードを除外するメソッドがあります。
    このメソッドを使うことでレコードの取得時に特定のデータを除外することが可能になります。

    (省略されました)

  • DjangoのALLOWED_HOSTSの役割と使い方

    155, 2021-01-11

    DjangoのALLOWED_HOSTSの役割と使い方

    PythonのWebフレームワークであるDjango(ジャンゴ)には数々のセキュリティ対策が実装されています。
    settings.py内に設定するALLOWED_HOSTSというリストもそのセキュリティ対策の一部です。

    この記事ではALLOWED_HOSTSの役割と使い方を解説します。

    具体的には↓を見ていきます。

    (省略されました)

(1 ~ 5件目表示 / 27件中)
カテゴリー「Django」の条件で表示中。